GOAL

更新は気分です。

伸びない生徒の共通点

曲がりなりにも数年間それなりに塾講師という教育者の立場を続けて、伸びない生徒の共通点を1つ見つけました。

 

それは、

「暗記をしない」

です。

 

実際、英語の単語テスト1つで伸びる伸びないの予想はできます。「忙しかった」「動詞は名詞より覚えにくい」理由が何であれ単語テストに度々不合格する子で、この子は伸びたなぁ!って子は持ったこともありませんし、見たことも聞いたこともありません。おそらく存在しないと考えて差し支えないレベルです。

 

ところで、かのニュートンもこう述べています。

If I have been able to see further,  it was only because I stood on the shoulders of giants.

(私がさらに遠くをみることができるとしたら、それは単に私が巨人の肩に乗っているからです。)

ここでいう「巨人」はものの喩えでしょうね。数多くの先人たちが作り上げてきた知識体系や智慧などを指していると考えられます。たしかにその巨人は誰にでも肩を貸してくれます。教科書や参考書を開けば何だって載っているし、昨今の情報社会ではヒットしそうな検索ワードを打ち込めば、ほぼ100%お目当ての情報にたどり着けます。ただし、注意しなければいけないのは、勘違いしてはいけないのは、その巨人はその肩に登ってきた者にだけ肩を貸す、ということです。登ろうとする気のない者を手助けしてくれるほど甘くはありません。

 

話を本題に戻します。今まで1000回以上の授業を行い、さまざまな生徒と接してきましたが、定期テストで点を取れずに燻っている生徒や大学受験勉強を始めたばかりの生徒などは次のような初歩的なミスを犯しています。

  • 古文の単語や助動詞や敬語を暗記せずに古文に挑む
  • 数学の定義・定理・公式を暗記せずに数学に挑む
  • 元素記号やイオンを暗記せずに化学に挑む

これらのように、必要最低限の知識体系を暗記せずに論理的思考力を養うことは不可能です。言い切れます。つまり、いくら素晴らしい授業を受けても(当たり前だが私のことではない)、「あれもわからない。これもわからない。」という状態に陥り、苦痛や敗北感という残滓が溜まりに溜まり、最終的には勉強を放棄してしまいます。悲しいことですが、私も今まで数人そういった生徒を見てきました。 この「覚えない→わからない→おもしろくない→覚えない→・・・」という負の連鎖に陥ってしまう生徒は、私が塾講師を始める前の予想より遥かに多くいました。

 

ただし、それは逆に言えば「覚えることは覚えなければいけない」というアドバイスをするだけで、成績を伸ばす生徒もたくさんいました。

ただし、さらにその逆を言えば「覚えることは覚えなければいけない」というアドバイスを無視して、いつまでも芽が出ない生徒もたくさんいました。そういう生徒は

  • ひとしきり説明したあとで、「これ覚えた方がいいですか?」
  • テスト前に問題集を持ってきて、「出そうなやつ選んでください」

などを常套句として用います。つまり、情報を少しでも減らそうとします。挙句の果てには、暗記量を減らして自分だけ得した気分になったりする子もいます。そういう生徒の場合は、具体的な数学や英語の指導ではなく、学習方法であったり意識改革を優先して行うべきだと気づきました。「そもそも学問をする上での最低限の知識やルールを覚えなければ絶対に頭を使う楽しさを感じることはできない。順番を間違えてはいけない。」ということを必死に伝えます。「自分勝手に情報を削減するんじゃない。まず最初は先輩である講師を信じろ。ゴールまでたどり着いて逆算のできる講師がこれは覚えた方がいいと言っているものは覚えろ。そしていろんなこと経験・体験して試行錯誤して自分なりにカスタマイズして、講師よりいいもん作って更なる高みに行っちゃえばいい。」またその際、私がよく紹介する言葉に、

オリオン座を知らない人にオリオン座は見えない。

というものがあります。ほんとその通りです。まずは知ることが大事。なにも始まらない。

 

どんな科目もどんな単元も、まずはじめは知識を得ること。いくらキレー事いってもまずは暗記です。そこを誤認してたり実行しなかったりしてたら勉強の本当の楽しさにはなかなか辿りつけないし、たぶん点数とか偏差値とかの数字も伸びないよ。ただ誤解してほしくないのは、「勉強=知識集め(暗記)」って言いたいんじゃないです。知識がないと考えるってこと自体できないから、順番間違えずにまずは知識を得ようね、ってことが伝えたいことです。ちゃんとした知識を得ずに勉強しても、その場で足踏みしてるのと変わらないよ。まあ足踏みしてても靴底はすり減るけど。

新幹線の座席【数学】

お盆シーズンで新幹線を利用する人も多いと思います。

 

私は高校生のときにはじめて新幹線に乗ったのですが、そのとき

なぜ新幹線の座席は通路を挟んで2列と3列の形をしているのか?

と思いました。

「新幹線 座席」の画像検索結果新幹線の座席

 

直観的には2列と2列の左右対称の方がバランスが良いような気がしますが、どうしてなのでしょう。もちろんこれには理由があります。

それは、

2人以上ならどの人数で乗っても、1人ぼっちになる人はいないようにするため

です。

f:id:atuatu713:20170810102640j:plain2人から7人までの座席対応表

 

この話は大学在学中のデザイン工学という授業で紹介されて知ったのですが、なるほどなーと感心した覚えがあります。

 

ところで、この「2人以上ならどの人数で乗っても、1人ぼっちになるなる人はいない」というのを数式で証明することはできないのでしょうか?(今日の朝思った)

 

つまり、こういう問題を考えることになります。

2以上のすべての整数nに対して、

2l+3m=n

を満たす0以上の整数l,mが存在することを証明せよ。 

補足:nが乗客数、lが2列シート使用数、mが3列シート使用数を表す

 

結論からいうと、高校数学Aの整数ができれば証明が可能です(場合によっては中学生でもできるかも)。

 

少し考えると、「乗客数が偶数のとき(n:偶数)は2列シートを使えばOK、乗客数が奇数のとき(n:奇数)は少なくとも1つは3列シートを使う必要がある」ということに気づきます。よって、nが偶数か奇数かで場合分けを行います。

 

 

以下、kは正の整数

 

(Ⅰ)n=2kのとき

2l+3m=nより、2l+3m=2kとなり

これより、2l=2k-3m

ここでm=0とすると、2l=2k ∴l=k

よって、l=k,m=0とすればよい

 

(Ⅱ)n=2k+1のとき

2l+3m=nより、2l+3m=2k+1となり

これより、2l=2k-3m+1

ここでm=1とすると、2l=2(k-1) ∴l=k-1

よって、l=k-1,m=1とすればよい

 

(Ⅰ)(Ⅱ)より、2以上のすべての整数nに対して、2l+3m=nを満たす0以上の整数l,mが存在することが証明された。

 

 

正直、数式を使うまでもないような内容ですが、こういう身近なものに対して数学的観点から考え答えを導くのはやはり楽しいものです。

 

ちなみにですが、これは

整数a,bが互いに素であるとき、

ax+by=1

を満たす整数x,yが必ず存在する

という整数の超有名かつ超重要な性質が関係しています。この事実とこの事実の証明はかなり重要。証明をしたことがない人はぜひ一度は経験しておくべきです。(長くなってしまうので、ここでは証明しません) 

 

それでは今日は新幹線の座席の話でした。

 

あ、ちなみに3列シートの中央の座席は他の座席よりも横幅が2㎝広いそうですよ(笑)

計画力、俯瞰力、マネイジメント力

今日はオススメ動画を1本。

 

www.youtube.com

「練習では自己ベストを出そうとしてる時間が少ない」

「毎日自己ベストを出すために、毎日自分のデータをしらべてたの」

 

この計画力、俯瞰力、マネイジメント力は凄い。

 

 

「解き方はあってたけど、計算をミスった」

「単語覚えてたけど、ド忘れした」

「最初(正解の)②選んでたけど、④に変えちゃった」

「答え見たら余裕でわかったけど、できなかった」

 

こんな言い訳は耳がタコになりそうなぐらい聞いてきたけど、それって結局はそういうのが起こらないレベルまで自分の習得度を持っていけてないってこと。こういうのをただの偶然のミスじゃなくて、自分の未熟ポイントとして加算して、なにがいけなかったのか原因を探って対策やら改善やらをしたら成長を維持できるってことですよね?武井さん?

京都・大阪のオススメラーメン店

だれが得なのかって感じですが、京都・大阪のオススメラーメン店を主観100%のランキング形式でご紹介します!(つけ麺やまぜそばは含みません)

 

第5位 麺や高倉二条@京都

第5位が1番迷いました(笑)このお店は、地下鉄丸太町駅烏丸御池駅のちょうど中間あたりにあります。

ここではまだ「ラーメン」しか頂いたことがないのですが、ラーメンじゃなくて驚きました(笑)どういうことかというと、食べてもらうのが1番早いのですが、ここの「ラーメン」は蕎麦とラーメンの間という感じでした。いや、むしろ蕎麦寄り。蕎麦みたいなラーメンというより、ラーメンみたいな蕎麦みたいという表現の方がしっくりくる(笑)他にないカテゴリーな分、頻繁に何回も食べたい!となるよりは時々無性に食べたくなるようなお店です。

f:id:atuatu713:20170727073410j:plain

tabelog.com

 

第4位 燃えよ麺助@大阪

お店は大阪駅から環状線を西回りに1駅だけ移動した福島駅からちょっと歩いたところにあります。

ここの特徴はなんといっても鴨だしのラーメンであること。私自身、鴨南蛮など食べたことがないので、ここで初めて鴨だしや鴨肉を体験しました。それらがうまくラーメンとしてまとまっていました。場所が大阪なのですぐには行けませんが、また時間に余裕があるとき行きたいなーといったようなお店です。

f:id:atuatu713:20170727073829j:plain

tabelog.com

 

第3位 麺屋極鶏@京都

みなさんご存知ラーメン激戦区一乗寺から1店舗!ずばり、極鶏です!

大学生時代は、大学が近いこともあり、よく行きました。ここの特徴はレンゲが立つほどの超こってりスープ。従来の醤油ラーメンや塩ラーメンなどのどのカテゴリーにも属さないように思います。食べたあとは、「おいしかったー!でも、もうしばらくはいいかな(笑)」となるぐらいお腹をもってかれますが、間があけばまた食べたくなります。中毒性の高いラーメンです。味が4種類から選べるのですが、個人的には「赤だく」がオススメです。インパクトがすごいですが、見た目ほど辛くないです。

f:id:atuatu713:20170727075404j:plain

tabelog.com

 

第2位 宗家一条流がんこラーメン十八代目@大阪

このお店は大阪なんばにあります。なんばグランド花月から徒歩30秒くらいのところにあるのですが、このお店を知ってる人は少ないかなと思います。なぜかというと、店構えが尋常なないぐらい入りにくい(見つけにくい)。

f:id:atuatu713:20170727075852j:plainこんな感じの外観です(笑)

たしか高校1年生のときにはじめて入ったのですが、なかなか緊張したのを覚えています(笑)ただその奥には至極の塩ラーメンが待っています。どこの塩ラーメンを食べてもここと比べてしまい「おいしいけど、あそこの方がやっぱりおいしいなあ」となってしまいます。総合では2位となりましたが、塩ラーメンの中ではぶっちぎりの1位です!おすすめは「塩ラーメン えび油」です。あー食べたい。

f:id:atuatu713:20170727080553j:plain

tabelog.com

 

第1位 らぁ麺とうひち@京都

堂々の1位はこちら!京都市北区にある「らぁ麺とうひち」!!

いやーここはほんとにおいしい。何を食べてもおいしい。すごくこだわってらっしゃるのが分かる。それに何より店長さんがラーメン大好きで、楽しんで仕事してる感じが伝わってくるのが、自分の中では最高(笑)一時はルーティンとして毎週水曜日の昼に行ってたくらいハマってました(今は自粛中)。とにかくここは一度足を運んでみてください!!!自分の中では、KING of 醤油ラーメンです。

f:id:atuatu713:20170727081458j:plain

tabelog.com

 

番外編 あんびしゃす花@京都

ラーメンではなくつけ麺ですが、ここは紹介させてください!お世話になっている度で言えば、上の5店舗に勝ります(笑)ここのつけ麺はおいしい。ほんとにおいしい。店長さんもほんと良い人。他のお店でもつけ麺を食べるときはあるけど、毎回毎回「やっぱりあんびの方がおいしいなあ」ってなります(学習しろよ)。塾講師時代はほぼ毎週の頻度で、先輩講師とはたまた後輩講師と行った思い出がつまったお店でもあります。他愛もなくしょうもない話から、ああでもないこうでもないと教育の話に没頭することもありました。おそらく通算100回は行ってるような気がします(笑)

f:id:atuatu713:20170727082340j:plain

 

自己満足100%のランキングにお付き合いいただきありがとうございました(笑)

英単語を覚えるコツ-語源③④【sur】【sub】【英語】

英単語語源シリーズ第3弾&第4弾です。今回は2つ一気にいきます!

 

☆英単語語源③-sur

燃油サーチャージって聞いたことありませんか?一応説明しておくと、たとえば飛行機に乗ったときに、飛行機運賃に加えてかかる燃料費のことを燃料サーチャージといいます。

つまり、飛行機運賃にさらにその上にかかる料金(=追加料金)のことです。

このように、surには「上」という意味があります。

他にもいくつか見てみましょう。

 

sur(上)+face(顔)=surface(表面)

これは直観的でわかりやすいですね。

 

  • survive(長生きする、生き延びる)

sur(上に)+vive(生きる)=survive(長生きする、生き延びる)

※vive=liveです。スペルも似てますよね。

これは補足説明をしておくと、surviveには主に2つの用法があります。

  1. survive (人)「(人)より長生きする、(人)に先立たれる」
  2. survive (事故)「(事故)で生き延びる」

辞書や参考書などにはこういった風に説明されていることが多いのですが、surのイメージさえ掴んでいれば、無理してこの2つの用法を覚える必要はありません。

たとえば、1.の例文として、

She survived her husband.(彼女は自分の夫より長生きした。)

というものが作れますが、これをsurのイメージを持って読んでみると、「彼女は自分の夫の上に(を超えて)生きた=長生きした」と考えられます。

次に、2.の例文として、

He survived the traffic accident.(彼は交通事故で生き延びた。)

というものが作れますが、これもsurのイメージを当てはめると、「彼は交通事故の上に(を超えて)生きた=生き延びた」と考えれます。

surviveは今日からこれでいきましょう!!

 

  • surmount(打ち勝つ)

sur(上に)+mount(登る)=surmount(打ち勝つ)

という意味になりました。

f:id:atuatu713:20170722173152j:plainこんなイメージ?(笑)

 

 

☆英単語語源④-sub

アニメとかのサブキャラってどんなキャラですか?いろんな説明ができますが、要は主人公のキャラよりも下のキャラですよね。

このように、subには「下」という意味があります。

他にもサブタイトルとかサブメンバーっていったりもしますよね。

では、subがついてる英単語を探してみましょう。

 

  • subway(地下鉄、地下道)

sub(下の)+way(道)=subway(地下鉄、地下道)

これはイメージしやすいですね。

f:id:atuatu713:20170722174304j:plain毎度おなじみ京都市営地下鉄

 

  • submit(提出する)

sub(下から)+mit(送る)=submit(提出する)

生徒や部下などの下の立場のものが、先生や上司などの上の立場に送るというイメージから「提出する」という意味になりました。

 

  • subscribe(署名する)

sub(下に)+scribe(書く)=subscribe(署名する)

申込用紙とか契約書ってだいたい1番下に氏名を書くところってありますよね。そのイメージで紙の下に名前を書くから「署名する」という意味ができました。

ちなみに、subscribe to a contract(契約書に署名する)のように、subscribe to ~「~に署名する」の形で使います。

 

 

今回は一気にsurとsubの2つを紹介しました。2つ紹介したのは、お気づきだと思いますが、それぞれが対義語だからです。頭の中でうまく整理してあげてください!

グットッパ!【数学】

「グットッパ!」

「グットッパーでわかれましょ!」

「ぐっぱーぐっぱーぐっぱでほい!」

 

どれか聞きなじみのあるものはありましたか?そうですね。ドッヂボールなどをするときに、皆集まってじゃんけんのグーとパーで分かれるあれですね。みなさんも1度はやったことがあると思います。

 

でもあれってなかなか決まらなくないですか?

 

私は高校時代、毎週土曜日と日曜日にフットサルをしていたのですが、チーム分けはいつもこれでした。そしてなかなかいつも決まらないので、んー(はやく試合したいなー)といった感じでした。

そしてある日、なかなかいい方法を見つけたのでご紹介します!少し数学(単元で言えば、数学Aの場合の数・確率)の話が出てきますが、少しお付き合いくださいー!

 

状況は次のように考えます。

10人をグーとパーで2チームに分ける。

 

まずは普通に根気よく分けるとします。

そのときうまく分かれる確率は、

 10C5/2^10=63/256

となります(数式が見づらくてすみません)。およそ、1/4の確率でチーム分けができるということです。

 

それに対してうまいやり方は、ずばり「チーム分けから1人が抜ける」です。どういうことかというと、たとえば自分がチーム分けには参加せずにドリンクでも飲んでおいて、チーム分けができたら少ない方のチームに自分が加わる、といった具合です。

そのときうまく分かれる確率は、

 (9C4+9C5)/2^9=63/128

となります。およそ、1/2の確率ですね。すなわち、さっきの普通のやり方の倍の確率です。

 

感覚だけで話すと、前者は「グーが5人かつパーが5人」の1パターンしか決まり手がないのに対して、後者は「グーが4人かつパーが5人」または「グーが5人かつパーが4人」の2パターンが決まり手としてあるので、その分うまくいく確率が高くなるという具合です。

 

少ない練習時間を有効に使えるし、自分は休憩できるし、合理的判断だと思いませんか?

高校生に見てほしい珠玉のスピーチ

今日はあるスピーチの紹介です。

 

私が、何か道に迷いそうになったり、歩くのがいやになったり、そんなときにたびたび見る動画です。いつも自分を支え直してくれます。しかも、不思議なことに見るたびに自分の中で言葉の意味の受け取り方が変わったりします。なので、もしよければ何回でも見てください。

 

かなり有名なので知っている人も多いと思いますが、動画の内容は植松努さんのTEDでの札幌講演です。なにかと壁にぶつかることの多い高校生に見てほしいです。またできれば高校生の子供さんをもつ保護者様にも見てほしいです。

 

20分だけ時間をください。

 

www.youtube.com